AQUOS sense lite SH-M05レビュー その1【外観・付属品】

2017年12月5日

今回レビューしますのは、SHARPより発売されているSIMフリースマートフォン、AQUOS sense lite SH-M05です。

MVNO向けAQUOSはSH-M01以降手にしてなかったので久しぶりの購入です。(AQUOS自体は手元にAQUOS Rあるんだけどね。)カラーはmineo限定色のターコイズ。色合いがとても可愛いです。

はい、mineo限定色が出たと聞いてその場の勢いで即決しました。これまでのMシリーズと違ってOSバージョンアップの対応を謳っているという点だけ見ての決断です。他は何も見てませんでした…。(蓋を開けてみたらSnapdragon 410にメモリ2GB、ROM16GBとかだったらどうするんだよ!→大丈夫!そんなことはなかった!)

さて、そんな話はさておき、折角のmineo限定色のターコイズです。まずはその見た目からじっくりご紹介したいと思います。性能や機能については次の記事で書きますね。

箱及び付属品

箱はコンパクトなサイズ。この中に本体と付属品が入っています。

付属品はACアダプターとUSBケーブル。この頃USB Type-C搭載の製品が増えてきました。AQUOS sense liteはもちろんそのType-Cです。久しぶりにスマートフォンを買い替えた場合でも、別途充電ケーブル類を購入する必要がないのは嬉しいですね。

ACアダプター(SH-AC04)の出力は5V/1Aでした。

継ぎ目のない、柔らかさを感じるボディ

約5インチでフルHDのIGZOディスプレイ搭載で、重量は約147g。小型で使い勝手の良いサイズ感であると思います。

コンパクトな5インチ端末、嬉しい…!

全体的に丸みを帯びたデザインが印象的です。カメラに出っ張りはありません。

丸いと滑りやすいように思いますが、側面をエッジ形状にして手から滑り落ちにくいように加工が施されています。

尚、電源ボタンと音量調節ボタンは正面から見て右側面にあります。メタルキーなのでメリハリがあります。

本体表側は画面上部に受話口兼スピーカーやインカメラ、近接センサー。下部には指紋センサーがあります。指紋センサーは裏側ではないので、机の上に置いたままロックの解除を行えるのが良いですね。

指紋センサーはホームボタンとしても利用できます。写真では出っ張っているように見えますが、センサー部はへこんでいます。

指紋センサー左右にタッチキー類はなく、ディスプレイ内にナビゲーションキーが表示されるタイプです。

また、SIMカード・SDカードスロットは爪を引っ掛けて開けるタイプになります。SIMピン不要です。

撮影環境の悪さもあると思いますが、ターコイズの撮影は難しいですね。緑に近い感じなんですが、青っぽく写ってしまいます。

ではなくてという感じなんですが…うーん。伝わりにくい。

カラーは2017年12月5日現在、ホワイト・ブラック・ゴールド・ターコイズ・ピンク・レッド・ブルーの7色。ホワイト・ブラック・ゴールド以外のカラーはMVNOで購入した場合の限定色となっています。過去にSoftbankで販売されていた、同じくSHARP製のPANTONEシリーズほどではありませんが、豊富なカラーラインナップです。mineo限定色のターコイズはディスプレイ側がホワイトになっているので、とても明るい仕上がりです。

起動画面、ホーム他

mineo版なのでmineo関連のアプリが上に並んでいました。

AQUOS Home

AQUOSかんたんホーム

dプランのmineo SIMを挿したときのAPN表示。

ロックフォトシャッフルが設定されており、画面を点灯する度にロック画面の壁紙が変わります。

アップデートもありました。2017年12月5日時点での本機のAndroidセキュリティパッチレベルは2017年11月6日です。Wi-Fiの暗号化技術、「WPA2」の脆弱性、KRACKへの対処が含まれている更新ですね。これえらいっ!

耐衝撃性はMIL規格だが

耐衝撃性能はMIL-STD810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠。前面パネルは最近流行のラウンドしたパネルではなく、フラットパネルを採用しているため、落下による破損が起こりにくいよう設計されています。保護フィルム類が貼りやすいですね。

但し、MIL規格については、本サイトでレビューを行ったMIL規格14項目準拠のarrows M02とは違って、耐衝撃に関する1項目のみです。その他、防水・防塵の機能も有していますが、プールや海水、温泉などに浸けるのはNGです。arrowsシリーズと同じ感覚で、高温・低温などの環境などでの利用をしてはいけません。頑丈さが最優先事項な方は、全体的なスペックは落ちますが、MIL規格23項目準拠なarrows M04あたりを購入したほうが良いかもしれません。

コンパクトでカラフルなスマートフォン

まずは、外観だけのレビューとなりました。

3万円台と安価な機種ではありますが、手にとってみたときの質感や操作感はしっかりとしたものがあります。指紋センサーがついているのもGoodです。

カメラや処理性能、その他機能については、後ほど記事にして上げたいと思います。それでは。

続き→ AQUOS sense lite SH-M05レビュー その2【カメラ・独自機能】

 

主な特長|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

mineo Dプラン シングルタイプ 5GB

2017/12/07 画像を数点追加