開封から設定まで~MADOSMAファーストインプレッション

2015年6月18日

madosma-body

MADOSMAとは

MADOSMAはマウスコンピューターから発売されたWindows Phone。 OSにはWindows Phone 8.1 Updateを採用しており、「一般向け」としては国内初のWindows Phone 8.1搭載端末となっています。 価格は税込み33,800円ですが、NTT-X Storeでは税込み29,800円でした。一般向けはパールホワイトカラー、法人向けはブラックカラーです。現在はAmazonや楽天でも29,800円で買えるようですね。

Amazon/楽天市場

 開封の儀

madosma-box 箱はこんな感じ。 シンプルなパッケージですね、早速開封してみましょう。

開けてすぐ本体が見える。

開けてすぐ本体が見える。

内容物

madosma-content 本体とバッテリー、microUSBケーブルとmicroSDカード、そして説明書が入っていました。 ACアダプターは入っていないので予めご用意ください。

microSDカードはSanDisk、容量は16GBでClass10。信頼できるメーカーのものが付属しているのはとても嬉しいですね。

microSDカードはSanDisk製、容量は16GBでClass10。信頼できるメーカーのものが付属しているのはとても嬉しいですね。

製品説明が書かれたシートが貼られている本体ですが、実はこの下に予め保護フィルムが貼り付けられています。 お風呂場へ移動して買ってきた保護フィルムを貼り付けて…といった事をしなくても良いので、気兼ねなくシートをはがすことが出来ますね。

保護シートの下に保護フィルムといった不思議な構造。

保護シートの下に保護フィルムといった不思議な構造。

裏面。指紋のつきにくい材質となっています。

裏面。指紋のつきにくい材質となっています。

バッテリーには「MADOSMA」の文字。容量は2,300mAhと標準的。

バッテリーには「MADOSMA」の文字。容量は2,300mAhと標準的。

金具をスライドさせてからSIMやSDカードを取り付けるタイプ。SIMサイズはmicroSIMになります。

金具をスライドさせてからSIMやSDカードを取り付けるタイプ。SIMサイズはmicroSIMになります。

電源を入れる

電源ボタンを長押しして電源を入れてみます。 madosma-boot 「MADOSMA」の文字が表示された後、しばらく待つとセットアップ画面に移行します。その際に振動するバイブが安っぽく感じますが、そこはお値段相応かと…!

安心の日本語ロケール搭載。

安心の日本語ロケール搭載。

当然日本語に対応しています。フォントも所謂中華フォントではありませんね。

プリインストールされたAPN

プリインストールされたAPN

初回セットアップでAPNを選択することが出来ます。ドコモ本家はもちろん、主要なMVNOのAPNを多数取り揃えてありました。後述しますが、この直後のアップデートでAPN一覧に変更が加わりました。

wp_ss_20150617_0006

Microsoftアカウントへのサインイン画面

Windows8をお使いであれば、普段利用しているMicrosoftアカウントを入力してサインインしましょう。

復元はここで行えます。

復元はここで行えます!

サインイン後、過去に利用していた端末から情報を復元するかどうかを尋ねられました。昔HTC 8Xを利用していた履歴が消えずに残っていた為ですね。今回は復元せずに新規にセットアップを行いました。

ホーム画面

幾つかの設定を進めてしばらくすると、ようやくホーム画面を見ることが出来ます。

ホーム画面です。

ホーム画面です。

指を左にスワイプするか、右下の矢印を押すとアプリ一覧画面へ。

指を左にスワイプするか、右下の矢印を押すとアプリ一覧画面へ。

ロック画面。

ロック画面。

初期設定では、白地に緑がアクセントカラーとなっています。 テーマは白と黒から、アクセントカラーは25色のなかから選択できますよ。

文字が小さいなと感じたかたは、設定の簡単操作から文字サイズを変更することが出来ます。

文字が小さいなと感じたかたは、設定の簡単操作から文字サイズを変更することが出来ます。

アップデートについて

WindowsPhone更新プログラム

WindowsPhone更新プログラム

既にアップデートがありましたので、適用してみることにします。 そこそこ時間がかかるので、電源につないでのんびり待ちましょう。

更新後のセットアップ

更新後のセットアップ

更新後、Wi-Fiセンサーなどの設定を求められました。

APNリストに変更あり。

APNリストに変更あり。

APNリストも少し変更があり、パッと見た感じ楽天ブロードバンドと楽天モバイルが別々になっていました。うっかりしていたので、しっかり確認を取っていませんでした。

右下の矢印が変更に。すべてのアプリという表記がされています。

右下の矢印が変更に。すべてのアプリという表記がされています。

折角なので壁紙を設定してみたりしました。一部透過してくれないタイルがあるので、配置を考える必要がありますね。

アップデート前

アップデート前

アップデート後

アップデート後

前者がアップデート前、後者がアップデート後。 カテゴリごとに分離されたので、随分と見やすくなりました。

まとめ

少々急ぎ足にまとめましたが、電源投入からセットアップまでの流れは大体こんな感じでした。

AndroidやiOSとの違いは何なのか、WindowsPCとの連携はどうなのか。ようやく日本に上陸したプラットフォームとの付き合い方とは。私自身WindowsPhoneの特性がまだ掴めていないので、これからじっくりと触れてお伝えしていきたいと思っています。

ちなみに随分昔のことなので明確な比較にはなりませんが、このMADOSMAはHTC 8Xと比べて引っ掛かりを感じるように思えました。タッチパネルのせいなのでしょうか、スクロールが指に吸い付いてこないワンテンポ遅れるような挙動です。しかし、先のアップデートで少し改善されたように感じましたので、今後のアップデートでさらなる改善が見込めるのではないかと期待しています。

Windows Phone 8.1 Updateが初期搭載の本機。Windows 10 Mobileへのアップデートもハードウェアとしては対応しているとのことで、今後が楽しみなスマートフォンです。