重低音が強く響く、Jayfi JEB-101イヤホン

2018年1月11日

 

デュアルドライバー搭載のJayfi D2に引き続き、低音重視のイヤホン「JEB-101」です。「JA40」と比較するとお値段は張りますが、その分の付加価値があると感じられるイヤホンだと私は思います。

重低音のイヤホン

低音の得意なJayfiのカナル型イヤホンである「JEB-101」は、同じような見た目の「JA40」よりも少しだけ価格が高くなりますが、こちらの方がよりしっかりとした造りになっています。また、低音の強さはこちらのが圧倒的に強く感じられます。

音質を「JA40」と比べると、「JEB-101」のほうが低音の出方に迫力があるように感じます。「JEB-101」と聴き比べると「JA40」のほうはスッキリとした印象がありますし、どちらが良いかは好みが分かれる部分ですね。低音が全てを包み込んでしまうことはなく、ボーカルなどもしっかりと聞こえますし、「JA40」に重低音の振動を付加して、耳からの振動を楽しむイヤホンのように感じました。

結構しっかりと音が鳴るので、低音の振動を感じられるのが好きなら聴いていて楽しめるのではないでしょうか。逆にリラックスして聴きたいであるとか、そういう用途には向いていないように思います。

安心感のあるしっかりとした作り

イヤホンのケーブルも丈夫な見た目になっています。ケーブルが太いので安心感がありますね。「JA40」はとても細かったので、ラフに持ち歩くのなら断然こちらです。

左:JEB-101 右:JA40

手前:JEB-101 奥:JA40

イヤホンジャック部分は少し角度のついたストレートタイプですので、根元の部分の負荷があまりかからなさそうにも見えます。

左:JEB-101 右:JA40

充実したいつもの付属品

付属品は3種類の大きさのシリコンイヤーピースと、低反発ウレタンのイヤーピースが1つ。その他に収納用ポーチや説明書、クリップが付属しています。ポーチがあると持ち歩くときに絡まったりしないのでありがたいですね。

ウレタン製のイヤーピースは耳に上手くフィットしてくれるのもあって、個人的にお気に入りです。

イヤーピースを自分の耳にあったものを取り付けると遮音性も高まり、没入感が向上しますので是非試してみましょう。

イヤホンボタンは1ボタン

イヤホンボタンは1ボタンのみ。押す回数に応じて一時停止や早送り・巻き戻しが行えるようになっています。2回押しが早送りで、3回押しが巻き戻しです。この操作はちょっと慣れが必要かもしれません。音量調節機能はありません。

また、接続する端末との相性や接触不良等で上手く動作しないこともありますので、誤操作防止のためにも一度動作確認してから使い始めることをオススメします。

Amazon

公式サイト

JEB-101 — JAYFI