iPhoneをBluetoothテザリングの「子機」にしよう

2017年9月30日

未だにiPhone 5sユーザーであることや、Androidばかり使っているということもあって、iOSデバイスの話題はあまり出さない弊ブログですが、今回個人的にびっくりしたのでご紹介いたします。

Bluetoothテザリング解禁

なんと、iPhoneがBluetoothテザリングの子機として利用できるようになってました!

「え?それって前からやれてたような…」

いいえ、iPhoneはこれまでBluetoothテザリングの親機として利用することは出来ましたが、子機としては使えませんでした。(iPadを除く)

これはiPhone側に、Bluetoothテザリングの子機として利用するためのBluetoothのプロファイル(PANU)が含まれていなかったことが原因でした。それが恐らくiOS11から含まれるようになり、iPhoneでもBluetoothテザリングの子機として接続できるようになったのだと思われます。

公式の情報はちょっとどこにあるか分からなかったのですが、ざっと調べた感じではiOS11リリース前のiPhone7で利用できなかったという声があったため、この機能改善はiOS11からのようです。

久しぶりにiPhoneを使ったので、そんな事もすっかり忘れてBluetoothテザリングする設定を行い、インターネットに接続できたところで「おや?」と気が付いた次第です。

どうやってつなぐの?

繋ぎ方は至って簡単。まずはBluetoothテザリングの親機となるスマートフォンまたはモバイルルーターの設定を開き、Bluetoothテザリングを有効にします。(お使いの機器により設定方法は異なります。)

Galaxy S6 Edgeの場合。

次に、iPhone側でBluetoothの設定を開き、親機となっている機器とペアリングをします。

すると、iPhoneのアンテナピクト付近にテザリング中のアイコンが表示され、Bluetoothテザリング経由でインターネットに接続できるようになります。

簡単ですね!

Bluetoothテザリングは1Mbps程度と低速ですが、省電力な事が最大のメリットです。テザリングの親機が発熱するような事もないですし、電池の消耗も非常に少ないです。

近頃はBluetoothテザリングが行えるモバイルルーターもありますので、利用する機会がありそうです。iOS11にアップデートした方は是非お試しください。