• 直近3ヶ月のアーカイブ

  • ELECOMのハイレゾ対応オーディオアダプター「EHP-AHR192」

    2017年7月22日

    ELECOMのハイレゾ対応のUSBオーディオアダプター(EHP-AHR192シリーズ・イヤホン付属)が、アウトレットで3,000円程度で売られていたので、試しに購入してみました。……4月に。(さっさとレビューしろよ)

    microUSB(もしくはLightning)接続の小型アンプ

    EHP-AHR192はハイレゾに対応した小型のヘッドホンアンプです。旭化成の24bitDAC「AK4430ET」を搭載し、ノイズの影響を極力少なくするために多層基板を採用しています。最大で192kHz/24bitでの再生が可能で、バスパワーで動作します。

    なお、バスパワーで動作する省電力なDACといっても、当然ながら電力を消費しますので、通常よりもバッテリーを消費する点を考慮しておいたほうが良いかと思います。

    Wi-FiやLTE、Bluetoothといったワイヤレスで通信するための様々な部品を搭載しているスマートフォンはどうしてもノイズが発生してしまう機器です。「良い音」で音楽を聴こうと思っても、スマートフォンというものは不利なのです。(もちろん、低ノイズで驚くほどクリアな音を聴くことができるスマートフォンは幾つか存在します。)

    しかし、そういったノイズの発生源からオーディオ部分を切り離すことにより、低ノイズでクリアな音を楽しめることが期待できます。

    Android デバイスに接続する

    EHP-AHR192をAndroidデバイスに接続するためには、幾つかの条件を満たしている必要があります。

    Android 4.3以上かつUSB OTGに対応していることが条件です。(4.3というのもあまり数がなかった気がしますが。)

    最近のスマートフォンはヘッドフォン出力での音も良く、EHP-AHR192を繋いでもあまり変化を感じないかもしれませんが、SIMフリーの安価なスマートフォンや、昔使っていたスマートフォンをDAPとして活用するにはちょうど良さそうです。

    ただ、これらの条件を満たしていてもスリープ中に利用できないなど、うまく動作してくれないことがあります。お使いの機種でEHP-AHR192が正常に動作するかどうかはELECOMのサイトで対応状況を確認しましょう。USB Type-C搭載デバイスの場合、変換アダプタを挟むことで動作することを確認しました(HTC 10)が、すべての機種・OSバージョンで動作するかは不明です。

    こちらで確認ができます。

    余談ですが、Android 4.1.2のデバイスに接続してみたところ、ボタン類は動作しましたが、肝心の音は出力されませんでした。

    ネイティブ出力可能なアプリで聴こう

    EHP-AHR192をAndroidデバイスに接続した状態で、特に設定することもなく音が出ていることかと思いますが、この状態では(機種によるらしいですが)48kHzでの出力に固定されてしまうようです。

    そのため、ハイレゾ音源をそのまま出力させるために、専用のアプリを利用する必要があります。ELECOMが提供している「ELECOM Hi-Res Music Player」や、Onkyoの「Onkyo HF Player(ハイレゾ出力は有料)」などをGoogle Playでインストールし、それらのアプリ上で音源を再生することで、ダウンサンプリングされることなくハイレゾ音源を最大192kHz/24bitで聴くことができます。

    対応したアプリで利用するときに表示されるダイアログ。アクセスを許可して利用しよう。

    Windows タブレットと接続して使ってみよう

    昔購入したWindowsタブレットを持て余していませんか?ノートPCやデスクトップPCといった、標準サイズのUSBポートではなく、microUSBを採用しているWindowsタブレットなら、変換アダプタなしでEHP-AHR192を接続することができます。Creators Update配信以降、Windows用に購入される方が多いようです。

    Creators Update(バージョン1703)を適用したWindows 10搭載タブレットであれば、USBオーディオ2.0に対応していますので、標準のドライバでしっかりと動作します。また、OTGに対応していればCreators Updateを適用したWindows 10 Mobileでも動作します。(NuAns NEOで確認)

    サウンドの設定で192kHz/24bitの設定ができることも確認できます。そのままだとWindowsのカーネルミキサを経由するのでどうのこうの……って話もありますが、今回は詳しく取り上げません。そのあたりはWASAPI排他モードで再生できるアプリケーション使えば良いかと思います。

    安価かつコンパクトなお手軽アンプ

    USBバスパワーで動作するという点や、小型軽量な点に加え、現在は定価の1/10で購入できるという手軽さが魅力的な製品です。ほんの少しだけお金を出せば、同社のハイレゾイヤホンが付属するモデルも販売されていますので、そちらを購入するのもお得です。

    接続するイヤホンにも左右されるのですが、息遣いやリバーブの残響感など、これまであまり聴こえていなかった音に気付くのではないでしょうか。概ね満足できることかと思います。

    Amazon (Android/Windows用)

    iOS用はLogitecとありますが、物は一緒です。型番はLHP-AHR192シリーズとなります。

    Amazon (iOS用)

    最悪動かなくってもめっちゃ安いので諦めがつきますね!!