【EC Technology】防水仕様、耳掛け式ワイヤレスイヤホンをレビュー

2016年12月10日

※本記事はEC Technology様より製品の提供を受けて執筆しております。

生活防水のスポーツイヤホン

本製品は、EC Technologyが販売するBluetooth 4.1のワイヤレスイヤホンです。スポーツイヤホンを名乗っていることもあり、ジョギング中に外れないよう耳掛け式となっており、汗に濡れても大丈夫なようIPX4の防水規格にも準拠しています。流石にお風呂場での利用は無理ですが、汗をかくような運動中でも気兼ねなく利用できるのは良いですね。

付属品はイヤーピースや充電用のmicroUSBケーブル、説明書と非常にシンプル。microUSBケーブルはコンパクトなものが付属しています。

とても薄いことがわかる。

赤と黒を組み合わせたデザイン

黒地に赤色がアクセントとなっているデザインで、格好良さがあります。ボタン類は右耳側に集約されており、マルチファンクションキーと音量キーの3つがあります。音量キーは長押しを行うことで曲送り操作を行うことができます。左耳の側にはmicroUSB端子が用意されているので、そこから充電を行うことができます。

蓋には突起があるため、爪を引っ掛けて開けやすいようになっています。

また、LEDのインジケータは上部にあり、使用中に目立つようなことはありません。

状況に応じて赤や青に切り替わるLED。

イヤホンの形状は耳掛け式のタイプ。すんなり装着とまではいきませんが、一度付ければ簡単に外れることはありませんので安心して利用できます。

音楽再生なら6時間

約2時間の充電で、音楽再生は約6時間、通話であれば約7時間バッテリーが持続します。実際に利用してみたところ、音楽再生は6時間を超えて利用することができました。音量や環境にもよるでしょうが、スペック通りの持続時間です。あっという間に電池切れという心配がないのは嬉しいですね。

同時に2台までペアリング可能

本イヤホンに使用されているCSR8635ではA2DPのMultipoint接続に対応しているとのことで、同時に2台のスマートフォンを接続することができます。2台のスマートフォンから一度に音楽を流すといったことはできませんが、片方のスマートフォンAの音楽再生を止めれば、もう片方のスマートフォンBからの再生をすぐに受け付けるといった具合に、ユーザー側が切り替えを行う必要はありません。

また、スマートフォンAで音楽を聴いているときに、スマートフォンBに着信があった場合はそちらが優先されて割り込みを行うので、電話を取り逃すこともないでしょう。最近は2台持ちも珍しいものではなくなってきましたが、音楽プレイヤーとスマートフォンという組み合わせや、データ用のスマートフォンと通話用のフィーチャーフォンという組み合わせでも安心して着信に備えることができます。

iOSデバイスの場合はバッテリー残量が確認できる。

音質について

価格相応ながら十分な音質

3日ほど試用を行いましたが、不満な点は感じられませんでした。3,000円未満のワイヤレスイヤホンとしては十分かと思います。伝送時の諸々の都合で高音の物足りなさは致し方ありませんが、低音は良く響いています。ボーカルも聴き取りやすいです。

数万円を超えるような、音質をこだわり抜いたワイヤレスイヤホンを求めているわけでなければ、ちゃんと価格なりの音を奏でてくれます。また、映画や音楽といったコンテンツを6時間連続で聴いても、聴き疲れすることなく楽しむことができました。

普段から同じ価格帯のイヤホンを愛用しているのなら満足できることかと思います。それは逆に、高価格な音の良いイヤホンを使っている人は不満を感じる可能性があることを意味します。

音飛びや遅延は?

これは接続する先の機種によって差が出ることでしょう。音飛びが起きやすいものもあれば、殆ど起きないものもあります。世の中にはレシーバー部を手で覆ったときにすぐ音飛びを起こすスマートフォンもあるため、なかなか評価は難しいところがあります。個人的な経験では金属ボディのスマートフォンだと音飛びが起こりやすいように思います。

遅延についてはあまり気にするようなものではないと思います。もちろん音ゲーなんかは遊べるわけがありませんが、動画の視聴であれば問題なく楽しめます。

CSR8635を使っている本製品ではaptXの利用ができないので、遅延の大きめなSBCコーデックでの利用となります。それでも余程集中して音のズレがないかを意識しない限り、気になるほどの音声遅延は感じられませんでした。ちなみに、CSR社の技術資料によるとAACのデコーダーはサポートしているようなので、iPhoneなどを使っているのであればAACを用いての音楽再生が可能です。

安価なワイヤレスイヤホンをお探しの方に

気軽に使えるイヤホンとしては、価格も手を付けやすく、使い勝手も十分な製品です。マルチファンクションキーが本体側面にあるので、再生・一時停止を行うときに耳の中に押し込むような形になることが少し気になる点ですが、デザインの良さやIPX4の防水性能などを加味するとおすすめしやすいです。12ヶ月保証もあって安心感があります。

製品装着イメージ

Amazon

EC Technology Sweatproof Wireless Bluetooth 4.1 Earhook Sports Headphone

BlueCore® CSR8635™ Single Chip Audio Rom