AQUOS sense lite SH-M05に、タッチパネルの操作性向上等のソフトウェアアップデート配信

2018年1月31日

2018年1月30日、MVNO向けおよびSIMフリーとして販売されているAQUOS sense lite SH-M05向けに不具合修正を含むソフトウェアアップデートが配信されました。

アップデート内容は以下の通り。

  • まれにフリック・スクロール操作が正常に行えない場合などがあり、これらタッチパネルの操作性向上を実施します。
  • ロック画面の着信通知を長押しすると、「通知をすべてブロックする」というメッセージが表示される事象を改善します。

ビルド番号は01.00.02となり、Androidセキュリティパッチレベルは2017年12月1日になります。アップデート容量は316.3MB、更新所要時間は約12分です。

1~2週間ほどレビュー用に試用していたときは気が付きませんでしたが、不具合修正は非常にありがたい話です。Android 8.0 Oreoへのアップデートにも期待したいですね。

それ以降のアップデート

日付 ビルド番号 内容
2018/02/26 01.00.03
  • Bluetoothイヤホンを利用中に、音声通話を切断した際の終話音がイヤホンから聞こえない事象の改善。
  • セキュリティ更新(2018-02-01)
2018/04/16 01.00.04
  • 文字フォント設定を『モリサワ新ゴ』以外に設定すると、WEB読み込み、Gmailのメール開封に時間がかかる場合がある事象の改善。
  • セキュリティ更新(2018-03-01)

ソフトウェアアップデート|AQUOS sense lite SH-M05サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ