AQUOS R 605SHへのAndroid 8.0 Oreoのアップデート配信再開

2018年1月31日

2018年1月30日、Softbankより販売されているAQUOS R 605SHのAndroid 8.0 Oreoアップデートが再開されました。

Android 8.0へのアップデートは2017年12月21日より提供されていましたが、稀に圏外などの通信不安定になる事象が確認されたため、アップデートの配信を停止していました。

アップデートには最大80分、内部ストレージの空き容量が約1.5GB必要となります。手元の環境ではS1002→S1004へのアップデートで、インストールに5~6分要しました。アップデート中は数回再起動が行われます。

ビルド番号はS1004、Androidセキュリティパッチレベルは2018年1月5日となります。前回のアップデートで特に不具合が起きていない方も、新しいセキュリティパッチが含まれていますので是非更新しておきましょう。

ホームボタンのデザイン変更

前回のAndroid 8.0アップデートには含まれなかった内容です。ホームボタンが通常の円から二重丸にデザインが変更されました。ホームボタンをタップした際のアニメーションもあり、若干Pixelライクな仕様となっています。

AQUOS Rをご利用中のお客さまへ | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

OSアップデート|AQUOS Rサポート情報|サポート|AQUOS:シャープ