AQUOS R 605SHへAndroid 9 Pieを配信再開

2019年1月17日

2018年12月26日に配信を停止していた、Android 9 Pieへの更新が2019年1月17日、再開されました。

配信停止の原因となっていた、ごくまれに正常に起動しない問題や、ビデオ撮影時に録画開始が遅くなる場合がある事象の改善、セキュリティアップデート(2018年11月1日)が含まれています。

アップデートに必要なストレージ容量は約1.5GB、更新にかかる時間は最大で80分程度とのこと。ビルド番号はS2002です。

Android 9での主な更新内容は下記参照。

SoftBank Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ

AQUOS R2向けの指紋ジェスチャーなどには非対応ですが、カメラの品質向上や各種UIの改善、パフォーマンス向上などが図られています。新しいジェスチャーナビゲーションは「システム>操作>ホームボタンを上にスワイプ」から行えます。

SHARPは発売から2年間、最大2回のOSアップデートを実施すると明言していますので、2回目のアップデートとなるAQUOS Rはこれが最後のOSアップデートになります。しばらくはセキュリティパッチが配信されるはずですが、2回のアップデートもあっという間に感じられました。

とてもスピード感はありますが、AQUOS Rを含む幾つかの機種で不具合発覚による配信停止が相次いでいますので、そのあたりはしっかりとしていただきたいなと思います。

AQUOS Rをご利用中のお客さまへ | モバイル | ソフトバンク